牧之原市 I様邸

2022/01/20(☀)

外壁

マットグレー×ウールホワイトのガルバリウム鋼板が貼られ始めていました!透湿防水シートが見えなくなり、印象がガラッと変わりました☺ 室内の施工も順調に進んでいました♩

2022/01/13(☀)

気密測定

本日は〖 気密測定 〗を行いました。クレケンでは、第三者機関による気密測定を必ず建設中(構造段階)に行い、壁体内結露を軽減し、カビや建物の腐食を防ぐ住宅を実現しています!数値が小さいほど優れた気密性を持つ建物なんですが、I様邸はなんと‥養生無しで「C値(気密):0.17」という、とてもイイ数値を出すことが出来ました✨

2021/12/27(☀)

外装・室内施工

外装は、全てに透湿防水シートが貼られ、外壁の準備が進められています。室内も、気密測定に向けて順調に施工が進められています!

2021/12/15(☀)

上棟後&透湿防水シート

上棟後、壁にプラスターボードが貼られ、その上から「透湿防水シート」が貼られ、「サッシ」や「ドア」の取り付けも完了していました。外観の印象が日に日に変わっていきます。室内も気密測定に向けて施工が進められていきます!

2021/11/25(☀)

上棟2日目

11/24・25の2日間にかけて、”上棟” が行われています。本日は2日目です。昨日と比べると一目瞭然!着々と家の形になってきていました✨撮影したのは午前中ですが、夕方頃には写真で見えている骨組みが完全に見えなくなるので、毎回感動します。職人さん方に感謝です☺

2021/11/24(☀)

上棟1日目

11/24・25の2日間にかけて、”上棟”が行われています。本日は1日目です。今回も息の合ったチームワークで順調に組み上げられていました。ここからどんどん家の形になっていきますよ♩職人さん方、風が強く寒い中本当にありがとうございます!

2021/11/18(☁)

土台敷き

基礎工事が終わり、土台が並び基礎と固定されました。ここからもうすぐ行われる上棟に向けての準備が始まります。

2021/11/11(☀)

コンクリート完了

型枠が外されました。基礎の立ち上がりの位置は、柱に合わせられているので、間取りがはっきりと見て分かるかと思います。完成へのイメージがぐっと湧いてくる工程です✨

2021/11/05(☀)

コンクリート打設

コンクリートが流し込まれました。型枠を寸法通りに施工したのちのコンクリートの打設。他の部材・部品と異なりコンクリートは硬化したのちには修正・交換のできない部材です。寸法間違いや硬化不良などが絶対に起こらないよう、事前チェック・施工前の段取りは入念に行います。コンクリートが型枠の中でしっかりと硬化する" 養生期間 " を経て、型枠脱型して外周を埋め戻して基礎工事は完成となります!

2021/10/28(☀)

基礎配筋工事

基礎の配筋が組まれました。配筋のピッチ(間隔)、接着長さなど、図面通りに施工できているかをチェックします。その後、第三者機関による基礎配筋検査が行われます。コンクリートが流し込まれると鉄筋が見えなくなってしまうので、その前に検査を行い、合格しないと次の工程に進めないようになっています。建物の全てを支える土台となる部分で、非常に重要な工程になります◎

2021/10/26(☀)

地業工事

地業工事が順調に進んでいます。もうすぐ配筋工事が始まります。(地業工事とは‥建物の基礎の下の部分のことを指します。基礎を作るために土を掘ったり、基礎の配筋やコンクリート打設工事のことを言います。)

2021/10/15(☀)

地盤改良工事

地盤調査を行った後、地盤改良が必要な場合工事が行われます。地盤改良工事とは、建物が沈んだり傾いたりするトラブルを防ぐために、あらかじめ地盤へ補強を施す作業のことです。

2021/10/14(☀)

地鎮祭

着工前に、工事の安全とお施主様の新しいおうちでのご多幸を祈念し、地鎮祭を執り行いました。安全を第一に、お施主様に喜んでいただけるよう、スタッフ、職人さん、業者さん、みんなで力を合わせて工事させていただきます!早速明日から地盤改良が始まります。

2021/09/07(☀)

地盤調査

地盤調査が行われました。地盤調査とは‥建物などを建てる前に、その地盤がどの程度の建物の重さに耐え、沈下に抵抗する力(地耐力という)をもっているかを調べることです。地盤調査では、建物が沈下するかしないか判断でき、沈下の恐れがあれば適切な対策(地盤改良)を行います。