牧之原市 O様邸

2021/10/22(☁)

室内の様子

1階・2階ともに、むき出しの断熱材の上にプラスターボード(石膏ボード)が貼られ始めていました。天井は全て貼られており、少しだけ室内が明るくなってきていました。1階から2階へと続く階段はまだなく、ハシゴで2階へとあがります。

2021/09/27(☀)

気密測定

本日は〖 気密測定 〗を行いました。クレケンでは、第三者機関による気密測定を必ず建設中(構造段階)に行い、壁体内結露を軽減し、カビや建物の腐食を防ぐ住宅を実現しています!数値が小さいほど優れた気密性を持つ建物なんですが、O様邸はなんと‥養生無しで「C値(気密):0.24」という、とてもイイ数値を出すことが出来ました✨養生有り無しでも差が少なく素晴らしい結果となりました。

2021/09/24(☀)

外壁

外壁にモエン透湿防水シートが貼られ、その上に胴縁を取り付けています。防水シートとサイディングとの間に胴縁を挟むことで、壁内の空気が循環させることが出来るんです!!ここから見た目の印象が変わっていきます。室内も順調に施工が進められ、もうすぐ気密測定が行われます。

2021/09/03(☁)

上棟後

上棟から3日経ちました。これからサッシや扉が取り付けられたり、透湿防水シートが貼られ始めていきます。まだまだ始まったばかりの家づくり。楽しみながらご覧いただけますと嬉しいです(^^)♩

2021/08/31(☀)

上棟2日目

本日は、上棟2日目です。本日も日差しが強く暑い日ではありましたが、息の合ったチームワークで順調に組み上げられ、着々と家のカタチになってきていました!✨

2021/08/30(☀)

上棟1日目

8/30・8/31の2日間で上棟が行われています。本日は、1日目です。青空の中での上棟1日目となりました☀ここからどんどんカタチになっていくので感動します。猛暑の中、ありがとうございます!!

2021/08/23(☁)

土台工事

コンクリートが無事に固まり、次は土台工事へと移ります。ここで基礎屋さんから大工さんに作業が引き継がれます。文字通り家の土台となる土台材を設置しますが、土台設置工事が終われば、この土台の上に家の骨組みとなる柱が立つのでとても重要な工程となります。もうすぐ上棟が執り行われます。

2021/08/19(☀)

コンクリート打設工事

型枠を寸法通りに施工したのちにコンクリート打設が行われていました。他の部材・部品と異なりコンクリートは硬化したのちには修正・交換のできない部材です。寸法間違いや硬化不良などが絶対に起こらないよう、事前チェック・施工前の段取りは入念に行います。コンクリートが型枠の中でしっかりと硬化する"養生期間"を経て型枠脱型して外周を埋め戻して基礎工事は完成となります!!

2021/08/10(☀)

基礎配筋工事

基礎の配筋が組まれていました。配筋のピッチ(間隔)・接着長さなどが図面通りに施工出来ているかをチェックし、その後第三者機関による一番最初の監査を行いました。コンクリートを流し込むと鉄筋が見えなくなってしまうので、その前に念入りに検査していきます。建物すべてを支える土台となる部分で、非常に重要な工程となります。

2021/07/30(☁)

砕石工事

根切り(床掘り)後、基礎全体に砕石を敷いていきます。基礎下に砕石を敷く理由は「地盤面の安定化」させる為。 根切りをすると、根切り底(砕石を敷き詰める面)が乱された状態に‥! 乱された土は沈下しやすいので、安定化・平滑化させます。 根切り面が安定しないと、基礎が傾く可能性もあるんだそうです。